教員がTwitter、ブログで発信して起きた事件

 

私、みほはTwitterとこのブログを運営しています。

 

Twitterとブログを始めたきっかけは、私は人に相談することが苦手なので、気持ちを整理するために始めました。

そして、自分の記録として残していこうと続けていたら、共感もいくつかいただいて、ここまできております。

学校の教員のパニック障害やうつの発信を本格的にやっていこうと思っていた矢先、何者かが私を特定し、教育委員会に通報したという事件が起きました。

今後、発信者の方に少しでも参考になるように、どうしてこんなことが起きたのか、原因は何なのか。今回のことを記事にします。

 

自分はそんなつもりでTwitter、ブログをしているわけではないけど

私自身は、

  • 自分がどんな原因でパニック障害になったか
  • 学校のこういうところがうつの人を多くしているのではないか
  • 休職中はこんなふうに過ごしたらいいと思う

ということを発信し、

自分と同じように先生でうつになった人の気持ちを代弁したり、

自分の経験を発信することでうつになる人が一人でも減ったらいいな

と思っていました。

 

そして、Twitter、ブログで発信をしながら、うつになっても前向きに生きていくコミュニティを作りたいと思い、オンラインサロンを運営し始めようとしていた矢先でした。

 

Twitter、ブログは誰が見ているか分からない

オンラインサロンの募集をTwitterでフォロワーさんが拡散してくれていたタイミングで、1件のダイレクトメールがきました。

内容は、

「休職期間中にオンラインサロンをやるとはどういうことだ」

「うつを撲滅したいなら、他にもやり方があるだろう」

という内容。

確かに言ってることはごもっともです。

Twitterは誰でも見れますから、私にメールを送ることはもちろん可能なんですけど、私のフォロワーでもなく、フォロワーのフォロワーでもない人からのメール

 

私のやっていることが気に入らなかったのかなぁ。

私だったら自分に関係ない人にわざわざDM送らないなぁ。

何がしたかったんだろう?

 

Twitter、ブログを見て、わざわざ通報する人もいる

メールの次の日。何者かが私のTwitterとブログを通報したらしい。詳しい内容は不明だが、

「休職期間を満了しろとはどういうことだ」

「休職期間中にオンラインサロンをするとはどういうことだ」

というのが主な内容。

前日のTwitterのダイレクトメールとめっちゃ似てます

日本の法律上、非があるのは私なのは事実で、この人の言ってることはあってます。

でも、根性の悪い私は

 

正義感で通報したのかな?

何のために通報したのかな?

私あなたに何か悪いことしたかな?

 

正義は悪いことではないし、私があなたを咎めることはできないけど、やり場のないモヤモヤを感じてしまったのです

 

 

それでも発信をやめない

その後、上から

「Twitterとブログを非公開にしろ」

と言われました。

 

こんな風になって、今までの自分なら落ち込んでまたうつ期に入ってるところだけど、今回は大丈夫。

それよりも、Twitterとブログを「続けたい」って気持ちがありました。やめたいとは思いませんでした

自分は正しいとかそんなんじゃなくて、自分が体験したありのままを伝えたい。ただそれだけ。

教員でうつで悩んでる人はこれからも増えると思うから

 

そして、自分が教員を続けるよりも、「教員のうつ」の発信した方が必要とされている気がします

通報やダイレクトメールにビビって発信をやめたら、今まで共感してくれた人や応援してくれた人、自分に申し訳ないので、発信は続けます

私の今回の経験が、今後「先生」「うつ」を発信する人が気持ちよく発信できるように、私が先頭走ってくつもりでやっていきたいと思います。

 

今後ともみほをよろしくおねがいいたします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です