学校の先生の病休から休職

 

 

公立中学校で教師を8年間やって、

色々あってパニック障害、うつ状態、双極性障害になって、

病気休暇(病休)を取得し、休職しているみほです。

 

いろいろあったことはこのあたり↓の記事に書いてあります。

私が休職になった理由①

2017.02.28

プール事件 〜パニック障害になったきっかけ①〜

2017.01.17

 

病休のことについては、こちら↓に書きました。

学校の先生の病気休暇の取得

2018.08.09

 

 

今日は病休から休職にかわるときのことを書こうと思います。

 

簡単に病休について振り返ります。

 

病気休暇(病休)

・怪我や病気で勤務できない時に取ることができる。

・最大90日または180日取れる。

・給料は満額(100%)支給される。

・病院で発行している診断書1枚必要になる。

 

病休とは、こんな感じに取得できます。

 

ここでいう休職とは、

 

休職

病休を取ってもよくならず、引き続き休みが必要な場合に取得することができること

を言います。

 

私の場合

2016年11月4日から病休をとる。

2017年5月4日から休職になる。

という感じです。

 

病休から休職に変わるとき、何か変わるかというと

特に大きくは変わりません。

 

名前が変わったなーってくらいです。

その中でも変わったところをまとめておきます。

 

①給料が80%になる。

 

これが一番実感あるところかなーと思います。

教員してきて、わずかだけど、今まで昇給してきたのが、初めて減額ですからね。

休んでいるからしょうがない。

てか、休んでいるのに給料いただきありがとうございます。

 

ででーん!リアル給与明細。笑

 

2017年5月は1~3日は病休、4~は休職でごちゃ混ぜなので、

4月と6月で比較しました。

 

支給額  294,480→232,544

手取額  222,489→160,763

 

手取りは約6万円減った感じですね。

 

 

 

②辞令が出る。

 

病休のときは単に病気で休んでます。って感じだったけど、

休職になるとこんな辞令が出るんですね。

 

 

えらい人

お前の役割は休むことである。

全うせよ。

 

 

って感じ。

はい、十分休ませていただきます。

 

ここにも給料のことが明記してありますね。

 

 

 

③休職期間は最大3年取れる。

 

休職は最大3年取れます。

病休と合わせると最大3年6ヶ月休めるようになっています

 

私の辞令↑のように、初めは短い期間で辞令が言い渡されますが、

遠慮せず、どんどん更新していくような感じです。

これも記事にしますね。

 

 

 

④教育委員会形式の診断書を2つの病院から書いてもらわなければいけない。

 

これ、とても大変でした。

大体の人は通院は1箇所なので、2箇所の病院から診断書をもらうとなると、

新しい病院に出向かなきゃいけない。

 

すると、事情をまた始めから話さなければいけないし、

初めていくとこだと、かなり予約取れないし、待たされるし、

ただでさえ、しんどいのに、しんどさ5倍くらいになります。

 

しかも書式が病院のじゃなくて、委員会の形式。

 

病院の形式はこんな感じなので、書くのも簡単だろうし、

値段も2000~3000円。

 

けど、委員会の形式は、

書く場所がたくさんあるからか、

値段も3000円~4000円くらい。

 

以上です。

 

今日のまとめです。

 

 

学校の先生の休職

①給料が80%になる

②辞令が出る

③休職期間は最大3年取れる

④教育委員会形式の診断書を2つの病院から書いてもらわなければいけない。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です