もう生きていけない 〜パニック障害になったきっかけ④〜

2014年6月にプール事件が起こり、

その後からさまざまなパニック発作が出始める。

手足が冷たくなる

喉の違和感

呼吸がうまくできない

動悸

突然の不安感

閉所恐怖

また起こるのではないかという不安感

軽い発作はほぼ毎日起こった。

そして、1ヶ月後の7月。夏休み入りたての頃。

再びまたあの恐怖が襲う。

7月25日。この日は1日、県の教育センターで研修。

車の運転は窓を開け、乗り切ることを覚えているので大丈夫。

しかし、いつもにない喉の渇き。

ペットボトルのお茶を買う。

変だなと思うけれども、夏だし、暑いし。当たり前のことと思う。

ただ、人が多い研修だったので、あのぎゅうぎゅう感が少し不快。

なるべく隅の方にいたい。

なんとか1日終わり、家に帰宅。

今日は家族でホルモンバーベキュー。

(家の裏で夏になるとよくやるんです。)

ちょっといいオレンジジュースを買ってきて、食す。

「あ~、夏休みって最高( ´∀`)

と思いながら、ベンチで寝転がる。リラックス。

バーベキューも終わり、珍しく洗い物をする。

洗い物を終えると、なんだか呼吸が苦しい。吸えない。

冷たいお茶を飲むが苦しい。

過呼吸、再発生。

両親がそばにいてくれる。でも、苦しい。

背中をさすってくれる。でも、苦しい。

手を握ってくれる。でも、苦しい。

救急車呼んでほしい・・・

何も考えるな・・・

と思っているうちに、10分くらいたち、過呼吸はおさまった。

死ぬかと思った。

なんで過呼吸になったんだろう。

バーベキューの煙?

ホルモン?

オレンジジュース?

全部好きな食べ物なのに・・・。

洗い物の洗剤?

近くにハイターがあったから?

わからない。

一番ショックだったのは、

一番安心できる自宅で起きたということ。

じゃ、自分はどこにいればいいんだ。

もう怖くて生きていけない。

過呼吸のなごりはあるものの疲れのため、眠る。

つづく