めちゃ参考になる!うつを甘くみてましたのレビュー

 

こんにちは みほ@miho1araです。

 

公立中学校の保健体育の先生を

8年間やっていましたが、

はじめにパニック障害、うつ状態と診断され、

そのあとに、双極性障害と診断されました。

 

以前、2017年に読んだ本でパニック障害、うつ状態、双極性障害になって、役に立った、おすすめの本を紹介しました。

必読!うつ、パニック障害、双極性障害おすすめ本4選

2018.08.14

 

この記事にも書きましたが、双極性障害の本ってまだ世の中にあまり出てないんですよね。

 

そして、2018年になって、あまり精神疾患系のジャンルの本を読んでなかったのですが、

今話題のブリ猫@bnyan42さんの【うつを甘くみてました】略して【うつ甘】

 

ちょっと出遅れましたが、購入して、読み終わりました。

 

今日はうつ甘の個人的なレビューを書きたいと思います。

 

 

 

パニック障害からの双極性障害。私と診断名が激似

 

 

私の場合、

プール事件でPTSD

パニック障害

予期不安、広場恐怖によるうつ状態

元気になったが、また落ち込み時期がきたので双極性障害

という感じ。

 

医者から

パニック障害になるとうつも併発しやすい

とは聞いていましたが、

 

パニック障害と双極性障害どちらとも診断されたことがある人をあまり聞いたことがなかったので、

とても親近感がわきました。

 

私のプール事件はこちら↓

パニック障害のきっかけはプールの塩素 

2017.01.17

 

 

 

 

自立支援医療制度、障害年金がマンガでわかりやすい

 

私的に、この本のおすすめどころは

公的制度についてとてもわかりやすいということ

 

自立支援医療制度

 

 

ここに書いてある通り、自立支援医療制度とは

申請すれば、医療費、薬代が3割負担から1割負担になるということ。

 

ブリ猫さんの場合、お医者さん側から提案されていますが、

実際は自立支援制度について、院内には掲示はされていますが、お医者さんは言ってくれません。

 

私の場合は気持ちが落ち込んでいるころに、

ほっしー@HossyMentalHackさんのブログを見て知ってましたが、謎に

みほ
すぐ治るし

っていう自信があって、しばらく放置していましたが、

なんとなく病気が長期戦になる気がしたので、最近やっと申請完了しました。

 

申請すれば手続きはあっという間なんですけどね。

私も記事にしたいと思います。

 

ブリ猫さんは、役所に申請に行っていますが、

私は病院に言うだけで、申請完了しました。(なんと楽チンな)

 

 

障害年金

 

 

私自身も最近

 

みほ

年金払って、老後の年金はもらえるんやろか~。

きっともらえないだろうな~。

ん?障害年金?権利はあるよね~。

 

 

と思い、調べていたところちょうど、うつ甘に書いてありました。

しかも、かなりページを割いて書いてあり、具体的な金額ものっていたので、とても参考になりました。

 

私は公務員なのでまた少し違うところもあると思うので、

記事にするために、障害年金を申請してみようかと思っています。笑

 

 

 

読み返したいので、紙の本で保存

 

 

うつ甘は2018年8月現在、まだkindle出ていないので、紙の本で買うしかなかったのですが、

Kindleが出ていても、紙の本で買ってたかな?

 

電子書籍はケータイで見れるし便利なんだけど、

パラパラ見たいときは、私は紙の本がいいんですよね~。

 

うつヌケ、死ぬ辞めも紙の本で保存中です。

ツレうつは持ってないんですが、保存しておきたい本ですね。

 

 

 

あと、ブリ猫さんのうつ発症の原因は「夫婦の不仲」

幸い、私の夫@masao_hamidashiは私の病気に理解があるので、

ブリ猫さんとは診断名が激似ですが、境遇がかなり違ったので、

個人的には共感する部分がすくなかったかなー。

でも、学ぶ部分が十分あったので満足です。

 

 

以上、【うつを甘くみてました】レビューでした。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です