回復は長い道のり。病休から復帰?延長?そしてパロキセチン

こんにちは、みほですd( ̄  ̄)

過労でパニック障害になり、

学校を休みだしてからブログを書き始め、

私が今に至るまでを過去から振り返って書いてきました。

今までの記事はここからhttp://www.miho1ara.com/category/blog/見ることができます。

今は教師を辞めることを前提に、次の準備を進めています。

それは

「教師の転職を考えている人の力になりたい」

「鬱や心の病気になった人の力になりたい」

ということ。

詳しくはこちら→ http://www.miho1ara.com/

ここ数日は次に自分がやってみたいことを考えられて、

久しぶりにすごくわくわくして、前向きにいられました。

そんな中、今日は心療内科への通院。

しかも、病休は3月31日までということになっているので、

今日、4月から実際にどうするかというのを決める大事な通院でした。

私の主治医は結構サバサバしていてズバッと物事を言うので

いつも診察の時はなんだか緊張するのですが、

今日は大事な日ということもあって、いつもに増して緊張しておりました。

心がざわざわして、座っていられないというか、

うずくまりたい気持ちでいっぱいで、待合室で相当そわそわしていました。

次第に足も震えてきました。

そして、名前を呼ばれて、診察。

「薬は忘れずに飲めてる?」「はい」

「眠れてる?」「はい」

といつもの会話をし、

「病休今月末までだけど、4月からどうする?」

「学校に行くことは考えられません」

「そしたら6月末まで延長しましょう」

まとめるとこういう内容。

なんだか、緊張して細かいことは覚えていないけど、

今日の診察でモヤモヤしたことは

前回の診察で「辞めることも考えている」って話したのに、

また今日も前回言ったことと同じこと聞かれて疲れました。

他にも前回言った内容を繰り返さなきゃいけないことがいくつかあって、

主治医も人間だから仕方ないけど、覚えててほしいなぁ。

せめてメモしておくとか。

あと、今パロキセチンという薬を処方されているのですが、

副作用で体重が増えるっていうのが、

ネットで調べたり、Twitterで少し気になったので聞いてみたら

「そんなことないよ」

「それより今は家にいて運動量も少ないし、食べたいものもいつでも食べられるから、

生活の問題だと思う」

って・・・

「いや、そりゃごもっともだとも。心がけてるよ。それも分かった上で聞いてるんだよー」

って言いたかったけど、また逆ギレされたら嫌だから、

「分かりました」といい子ちゃんぶりました。笑

いいたいこと言えないってつらいなー。

この時点で疲れ度40%。

念のため、薬局でも同じこと聞いたら、

「パロキセチンは3、4kg増えることはざらにありますね~」って。

おい、主治医。

そして、校長から

「4月から休む場合は診断書ないと、教育委員会も動けないから、

今日医者行ったら、結果すぐに連絡してね」

と言われていたので、校長に連絡。

すると校長も、前回報告したことも何回も聞いてくるし、

今日はさらに、

「今は眠れてるの?」とか

「今まででいつが一番しんどかった?」とか

「1年前と今何が違う?」とか

結構突っ込んだ質問もいきなりされて、たった10分だったけど、

めっちゃ疲れました。

疲れ度90%。

帰ってきて、横になり、昼寝しました。

起きて、少し回復し、今こうやってブログ書いてるんですが、

ここ最近のワクワクから一転、どっと疲れました。

体力ないなー。

こうやって調子のいい時、悪い時を繰り返して行くもんだと

理解して、やって行くしかないですね。

まだまだ私は低空飛行ですが、そんな自分も受け入れて、

自分のペースで行こうと思います。

というわけで、4月からもお休みです。

1回人があまりいない時間を狙って、学校行って、片付けしなきゃいけないな。

それでは、また~。

今までのブログや私の詳しいことはこちらで( ̄∀ ̄)

→ http://www.miho1ara.com/ 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする