自己紹介

 

みほといいます。

 

みほはこんな人生を送り、

こんな考えで生きております。

 

歩み

 

0歳 

日本海側のほどよい田舎の出身。

両親は繊維業の自営業で、3歳上の兄をもつ。

(この兄も学校の先生なのだ。)

 

末っ子女子でかわいがられて育つ(予定)

 

 

幼稚園

男の子とばかり遊ぶ活発女子、アンパンマンをこよなく愛し、アンパンマンになってしまう

しかし、お昼寝苦手な神経質な一面もあり。

 

 

小学校

1年生の時に、なぜか隣の席になった男子に1ヶ月間いじめられる

いじめの内容は教室の席に座っている時の姿勢。

隣の男子
「足を閉じろ」「背筋伸ばせ」

ってなんで、こんなに監視されなくちゃいかんの?

でも、単純に私の行儀が悪くて注意されてただけかもしれない。笑

 

習い事のスイミングで平泳ぎのキックがうまいだけで(というか足首柔らかいだけ)、小学校1年生ながら選手コースにスカウトされる。

習い事は、水泳、体操、飛び込み、サッカーとスポーツ三昧。

 

特に水泳は選手コースに入ったため、みんなは放課後遊んでいる中、

私は週6で地獄の練習の日々

スポーツは大好きだったので、水泳以外はお遊び感覚。

 

中学校

小学校の延長で、そのままスイミングスクールに通い、水泳部となる。

奇跡的に50m平泳ぎで県内1位になったので、大して速くないのにジュニアオリンピックに出場。良い記念。

 

お勉強は中1のはじめのテストで学年4位だったので、なんか極めたくなり、それなりに楽しく勉強してました。

そのあとはだいたい学年1.2位。優秀だった。

 

 

高校

県内有数の進学公立高校に入学したが、入学者テストで国語320人中315位になる。

「私はこの学校ではこういう位置なんだ」と分かり、ほぼあきらめる。

成績は体育はクラス1位だけど、他は下から数えた方が早い的な感じなザ・体育女子

 

普通の部活動に憧れ、素人ながらバレーボール部に入部。

中学校から思い描いていたザ・青春を味わうことに成功

ま、補欠だったけども。

 

 

大学

スポーツが好きだったので、一般入試で関東の某私立体育大に入学した。(国立は残念な結果)

1年生は全寮制で、初めて身内以外の人と生活する楽しさと窮屈さを味わう

 

体育大学なので授業で実技がある。私は運動神経は、まぁまぁいいんだけど、

走るのが遅い

大学の授業で健康運動指導士の資格を取るために、いやいや陸上の授業をとったけど、足遅すぎて単位落とす。これ、伝説。

 

大学1ゆるい&やってみたかったソフトボール部に入部するも、

肩を亜脱臼して、大学生になってまで、ここまでする意味がわからなくなり、退部

 

その後はバイトに明け暮れる大学生活を送る。

派遣、居酒屋笑笑、コナミスポーツクラブ、スタバなど。

 

就職

地元と関東の教員採用試験を受けたが、就活も人生経験としてやっておきたいと思い、スポーツクラブも4社受けた。

結果、関東の教採とスポーツクラブ2社受かり

(地元の教員採用試験はこの時ダメでした)

 

企業を経験してから教員になった方がかっこいいなと思ったけど、

せっかく受かったから精神で、教員の道を選ぶ

 

 

教員生活

関東の公立中学校で4年間(2校)働く。

1校め…2副→3副→1担(陸上競技部)陸上嫌いなのに

2校め…2担(バレーボール部)

3年目にダンスの授業のけっこう大きめな研究発表を行う。ダンス嫌いなのに

 

地元の教員採用試験で経験者枠で受験、合格し地元に戻る

特支→1担→2担→3担(ソフトテニス部)

 

地元で教員4年目3年担任でパニック障害、うつ状態で休職し、

のちに双極性障害と診断される。

 

 

結婚

毎年、高校3年生のクラスの同窓会というより、

担任と集まる。みたいなのがあって、

今の夫@masao_hamidashi と冗談で

付き合うか!笑

みたいな流れになったのをきっかけに、

お付き合い→1年後プロポーズ→1年後結婚の流れに。

 

友達からまさかね~って感じです。つまり、夫は高校の同級生

私の病気にもめっちゃ理解のある、いい人でございます。

毎日、2人でアホやってまーす。

 

 

休職

休職し始めて、少し元気になった時に、これから自分はどうしようかと思い、

情報集めとして、ネットサーフィンをしまくったり、

個人事業をしている友達に会うようになった。

 

このころtwitterをはじめ、インターネットで稼ぐことやブログで生きていくという方法を知って、なんとなく始めた

なんとなく始めたから、あまりモチベーションも保てず、一時離脱

 

リアルな世界では、個人事業の友達に会うというのをはしごしていき、

倫理法人会に加入したり、ネットワークビジネスをやってみたりしたが、

全部やめた

 

試行錯誤した結果、

自分のペースでできるブログと、ゆるっとできる家庭教師と、ちょろっと人助けって感じで無理せず生きていく。←今ココ

 

 

 

考えていること

生き方

休職して初めてゆっくり自分の生き方について考える時間ができた。

 

朝5時に起きて、休みなく仕事をして、部活までして、残業して

クタクタになって20時頃にやっと帰る。その後、家事までこなす。

せっかく結婚したのに、結婚生活を楽しめていない。

ましてや過労でパニック障害という病気にまでなる。

そんな人生をまた復帰して続けなければいけないのか。

 

今まで異常だったなと休職してようやく気づくことができた

 

幸い、夫@masao_hamidashi は理解のある人で、

仕事辞めてもいいよ

と言ってくれているので、

(むしろ「俺も辞めていい?笑」って言ってくる)

 

この時間を生かして、無理をしない程度に、

自分がやりたいと思うことはまずやってみるということを心がけてる。

 

 

…これね、いつも思うんだけど、明確にはない。

 

「この夢のために〜」っていうのが重たいのかもしれない。

夢を持ったらかなえなくちゃいけない。みたいな。

 

だから、単純に私は、

やりたいって思うことをやっていく人生を続けていく

なのかな?

 

やりたいことがずっとできるって最高じゃん。

 

辞めたくなったらやめればいいって思うし。

 

そんな感じ。