休職の経験がある教員だからこそ言えること、分かること

 

※内容がマイナスのところが多数あります。また独りよがりな文章なので、読んでいて気分が悪くなったら、そっとページを閉じてください。

 

先日、Twitterとブログが教育委員会にバレて、twitterは鍵をつけて、ブログはパスワード入力で見れるようにロックをかけました。

とりあえず、自分なりに大人しくはしていたけれど、やっぱり今まで発信していて反応もらえるのも嬉しかったし、ブログのPV数上がるのも嬉しかった

Twitterに鍵つけて、ブログパスワードロックすると、めちゃくちゃ反応下がるんですよ。

もうそれがしんどくて…

 

しょうがないから記事書きためようと思ってせっせと書きためるんだけど、そうするとアフィリエイトの広告提携の審査を出さないとその記事完成しなくて、でもパスワードロックかけると、広告提携できない。

なので、広告提携審査通るまで、ブログを普通に閲覧できるようにしておいたら、また連絡が来てブログ見れないようにしろと

あー、もう何でこんなに監視されなきゃいけないだろう。

 

頭では理解できるけど、モヤモヤする

頭では

  • 休職中であろうと、組織の一員
  • 組織の中にいる以上、上の言うことは聞く
  • 最悪の想定をしなくてはならない
  • 学校の管理職の立場を考えたら、そういうしかないよな

こういうことは分かる。

 

けど、ものすごく反抗したい。反論したいのは何だろう。

すごくモヤモヤする

 

別に自分が病休になった時の職員のことを陥れたいわけではない。

こんな状況で病休になったという事実だけ伝えたいだけ。

 

休職したら学校はおかしいところだってやっと気づけた。

自分が最前線で働いているときは、疑問にも思わなかった。麻痺してた。

自分みたいにうつになる前に、つらい先生のために発信したい。

 

日本の学校はおかしなところだ、先生の働き方がまずいって現職の教員が発信することがまずい?

でも、それって現職の教員を体験している人しか伝えられないよね。

自分たちが働く環境に文句をいってはいけないのだろうか。

 

休職教員がtwitterやブログで自分の意見をいうことで起こる最悪の事態とは

管理職は私に高圧的に発信するなという。

地域の誰かがお前を特定して学校にいってきたらやばいから。

最悪の事態を考えろ、もうそれを考えるだけで迷惑だ。と。

 

最悪の事態とは?

私のブログやtwitterをみて、学校の中が荒れること、学校の信用がなくなるということ。

 

何で私の投稿を見て学校が荒れるの?

何で私の投稿を見て、学校の信用がなくなるの?

 

私が休職になるまでの事実は書いてある通りだし、それまで私が思ったことや感じたことも書いてある通り。

そして、今の学校教育に私が疑問持ってるのも事実。

全て私の主観。

 

その私は学校に今勤務していないわけで、もし叩かれるとしたら、私が学校に復帰したときに私へ批判が来るだろう。

でも、もしだけど、全校の前で話す機会があったら、休むようになったまでのことも、今の学校教育やばいから、みんなももっと学校以外にも目向けたらいいって、そのまま言うと思う。

 

ブログやtwitterで書いてあることがそのまま自分の本心だから、隠すことはない。

自分が教育を語るとしたら、今の学校教育には賛成せず、学校以外の自分の居場所を見つけろっていうと思う。

 

休職教員にいろいろ暴露されたら、学校側が都合悪いだけでは?

だから隠蔽体質の学校自体がやばいんじゃ?

何で休職になってしまった教員ばっかりが黙っていなくちゃいけないんだ。

学校は自分たちはちゃんとやってますって言いたいだけだろう。

 

現場の教員は悲鳴をあげてはいけないのか。

休職した後はおとなしくしないといけないのか。

休職した教員にしか言えないことだってあるんだよ。

 

休職することになった教員が黙ってることしかできないのなら、悲鳴が上がらないような学校にしようよ。

休職した教員は黙ってろとか、こんなの陰湿ないじめと一緒だよ。

 

言葉が悪いところもありすみませんでしたが、やはり納得できないところもたくさんあって言葉にしたかったので、書きました。

気分を害された方、すみませんでした。

 

 

あわせて読みたい

これだけ読めば分かる!まとめたコンパクト版→中学校教師が休職に至った経緯まとめ

私が発信していることがバレた時の話→教員がTwitterやブログで情報発信して起きたこと

教員こそ発信するべきだと思うんだよね。教員がSNSやブログで発信する意義

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です