教員辞めて4ヶ月で思うこと。時間の自由を先に手にする選択もあり

 

2019年4月末。史上最長?の大型連休。

天皇の即位ということでこの10連休が成り立ったわけなんですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

私は連休中の基本は

  • ブログ
  • 読書

を中心に基本はどこにも出かけず過ごそうと思います。

私は教員を2年間休職していましたが、休職中に仕事がない状態のGWなどの連休を味わいましたが、退職したあとのカレンダー上の大型連休はこれがはじめてです。

やはり休職はなんだかんだ籍は学校にあるので、なんとなく落ち着きませんでしたが、退職すると自由でいいですねw

今日は教員を辞めて4ヶ月。はじめての大型連休に突入して思うことをつらつらと書いていこうと思います。

 

あえて連休に外に出る必要がない

教員を辞めて、現在無職。

世の中は大型連休というけれど、私は365日毎日休みです。

ブログ書いたり、ちょっとしたお手伝いなどはしていますが、ありがたいことに私の都合のいいようにやれるようになっています。

 

世間が連休だ、GWだというこの機会にお出かけをすると、めっちゃ混んでますよね。

せっかくの旅行に行ったとしても、人混みや渋滞や満席で、癒されに来ているのにこんなことで消耗してしまうのはもったいないですよね。

教員を退職した今では毎日休日みたいなもんなので、わざわざ混んでいる連休に出かける必要がないのは、人ごみ嫌いな私には本当にありがたいです。

 

教員やっていたときは、普通の土日も部活はあるし、旅行や遠出ができるのはGW、お盆、年末年始くらいだったので、人混みだけど今しか行けないから行くしかない!みたいな感じでしたけど、

今は平日の空いている時にいけるし、しかも金額とかも安いのでありがたいですよね。

このGWであたりで比較したかったんですけど、次の連休7月13〜15日とその直前の平日7月9〜11日の東京ー沖縄の2泊3日の金額を調べてみたら、1番安いところでも全体で約2万円違うんですね。

平日自由に行動できるのって、コスパよすぎて、戻れません。

 

まずは時間の自由を手に入れて、その環境になって考えるのもあり

それで思ったんですよ。

確かに今ほぼ無職で、教員やってたときと比べて収入はかなり減りましたが、お金が少なくなっても時間の自由を手に入れたことは大きいと思います。

普通はお金の自由が手に入ってから時間の自由を求めるのかもしれないですが、

本当に本当に最低限のお金を今持っていれば、思い切って時間の自由を先に手に入れるのもありだなと最近よく思います。

 

確かにお金の不安はありますが、時間の自由を使っていろいろ行動すれば、新しいお金を生み出す仕組みを作ることができる可能性がぐんと上がると思うんですよね。

 

今振り返って、教員やっていたときのことを思い出すと、時間の自由が本当になかったなと思います。

忙しすぎて、休みの時は寝ることしかできない。

新しく何か考えるとかそんな余裕すらなかったし、回復することで精一杯。

なので、教員を続けていたら、今こうやって時間の自由(ま、一時的かもしれないけど)を謳歌している自分はあり得ないですし、退職して4ヶ月経っても教員辞めてよかったと思っています。

 

どうしてもお金のことは生きていく上で絡んでくることなので、全員がとは言わないですが、まずは思い切って時間の自由を先に手に入れる(勤め人を辞める)というのは、あなたが思っている以上によい選択肢かもしれません。

 

そして、時間の自由を手に入れると、時間の制限のある世界に戻れないんですよ、いい意味でも悪い意味でも(笑)

時間の自由がある中でお金をどうしようかって思考になれるんです。

 

時間の自由を体験しないとどうしても雇われる思考になっちゃうので、世界広がりにくいと思うんですよね。

なので、先に時間の自由を体験してしまうという方法はかなりいいのではないかなと思います。

本気でお金に余裕がなくなるまでは時間の自由を満喫したいと思います。

 

あわせて読みたい

*教員を退職した日からたまにこうやって振り返ると、いつも辞めてよかったって思ってる私。決断してよかったなぁ。
教員最後の日に思うこと。後悔はない。
教員辞めて半月。退職してよかったことに気づけた
教員退職して3ヶ月。やはり辞めてよかったと思えた理由

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です