教員の給料はいくら?等級、号俸も解説!

 

「教員って給料高いって言われているけど、実際どうなんだろう?」

「このまま勤めていたら、給料はどのくらい上がっていくのかな?」

自分自身が教員でも、自分の給料を把握していなかったり、これからどのくらいもらえるかも知らない教員の方も多いと思います。

この記事では、教員の年齢別の給料、給料の決まり方、他の公務員との比較について書いていきます。

 

教員のおおよその年齢別給料

教員の給料は、各自治体で学歴、年齢、経験年数によって等級、号俸が決められ、給料が決まります

なので、年齢で給料は決めることはできませんが、年齢別におおよその給料は分かります。

あくまでおおよそです。

22歳

204,932円

25歳

245,686円

30歳

290,632円

35歳

331,572円

40歳

374,822円

45歳

403,105円

50歳

420,356円

55歳

431,193円

59歳

438,988円

第2 統計表I  一般職関係 第4表~第9表の4(総務省)p3,p68より算出。

何度も言いますが、年齢だけでは決められないので、あくまでおおよそです。

ここからはどんなふうに給料が算出されているかくわしく見ていきます。

 

教員の給料の決まり方

教員の給料は、人事院から出される国家公務員の俸給表(給料表)をもとに作成された各自治体の俸給表により等級と号俸で決められます。

↑なんだかややこしいですが、教員の方は給与明細に「○級○号給」って書いてありますが、それのことです。

赤丸のところですね。

自治体によって同じ等級、号俸でも給料が違いますし、人事院の通達により毎年変わります。

 

まずは自分の自治体の俸給表(給料表)を検索します。

「〇〇県 俸給表」「〇〇市 給料表」と検索すれば出てきます。

例えば東京都はこちら大阪府はこちらに載せましたので、見てみてください。

俸給表(給料表)とはこんな感じです。

 

等級というのは、役職みたいなものですね。

教員の場合は以下の4等級に分かれていることが多いです。(自治体によっては~6等級)

1級

講師

2級

教諭

3級

教頭

4級

校長

なので、教頭や校長の管理職にならなければ、ずっと2級ということも十分あり得ますね。

教員の場合、正規採用になれば2級からスタートです。

 

では号俸はどうやって決めるかというと、…すみません、分かりません。

なので、こういう時は経験者のデータを…

でん!

これは私が退職金の申請の時に送られてきた履歴書で、私の初任からの教員歴が書いてあります。

私は大学を卒業後、関東でそのまま教員になりました。

この関東の自治体では、教員1年目2級17号級となっています。

4年間、関東で勤めましたが、その履歴はこの履歴書には載ってないですね…

 

地元に帰ってきて自治体が変わって、

教員5年目2級32号(4月)
↓ +4号
教員5年目2級36号(1月)
↓ +4号
教員6年目2級40号(1月)
↓ +4号
教員7年目2級44号(1月)
↓ +6号
教員8年目2級50号(1月)
↓ 変化なし
教員9年目2級50号(休職中)

 

だいたいは1年で4号上がってますね。

どうやら、特に何もなければ1年に4号上がるようです。

校長の評価がよいと6号上がることもあるそうです。

みほ
お、7年目から8年目にかけて6号級上がっている!!

確かにこの前年は頑張った…休職するはめにはなりましたが…

昇給は年1回で、1号につき約2,000円UPなので,4号上がると約8,000円UPになりますね。

 

しかし、80号くらいになると1号につき約1,500円UPくらいに減っていき、最終的には1号級につき約200円UPくらいに…

ずっと教諭だと給料上がりづらくなるんですね。

仕事量や責任は増してくるというのに、年に200円しか上がらないってどうなんでしょうね。

給料上がらなくても教諭でいようと思うか、それなら教頭や校長になって等級あげようって話になるのか。

…なるほど納得ですね。

 

教員の給料は本当に高いのか?

公務員の中でも、「教員の給料は高い」と言われます。本当にそうなのでしょうか。

教員と一般行政職、警察職と比較

第2 統計表I  一般職関係 第4表~第9表の4(PDF)p67,68を参考に大卒、都道府県自治体の平均給料月額を比較し、グラフ化してみました。

一般行政職が327,858円、高校教育職383,663円、小中学校教育職362,604円、警察職315,200円でした。

教育職の給料が高いのがよく分かりますね。

しかし、ここには落とし穴があるのです。

 

もらえるお金(給与)=給料+諸手当

私たちに振り込まれるお金は給料だけではありません。

時間外勤務手当や寒冷地手当などの諸手当があります。

教員はこの諸手当のうち、時間外勤務手当と休日勤務手当がほぼもらえません。

 

↓一般行政職、警察職と比較し、時間外手当の平均月額支給を比較

 

↓一般行政職、警察職と比較し、休日勤務手当の平均月額支給を比較

「教育職は平日定時しか働いてないんだな」

って思われてもしょうがないようなグラフですが、そんなはずがない。

 

平日も夜遅くまで残業している先生も多いですし、休日も必ずといっていいほど職員室に誰かいるのが、教員の世界。

教員は残業代や休日出勤手当が出ないので、給料が高めに設定されているのです。

 

教員は給特法により残業代がでない

給特法とは簡単にいうと、

  • 教員の仕事内容は複雑、多様なため、他の地方公務員よりちょっと給料が高く設定されている
  • その代わり、時間外勤務手当は支給しない
  • その代わり、給与月額の4%の教職調整額として支給する
  • 校長が教員に時間外勤務を命じることができるのは、修学旅行や災害時など

というものです。

つまり、「給料は高めにしとくから、この額で全部やってね」という「定額働かせ放題制度」のことです。

くわしくはこちらの記事をどうぞ↓

教員のブラック労働の根源「給特法」とは

2月 4, 2019

 

教員の給料はいくら?まとめ

  • 教員の給料は等級、号俸によって決まる
  • 初任給は204,932
  • 通常は毎年4号ずつ(約8000円程度)昇給していく(経験年数が増えると金額は上げ幅は少なくなる)
  • 教員の給料は他の公務員に比べて高めに設定されている
  • しかし、残業代はほぼもらえない

 

 

あわせて読みたい

意外と気になる教員の退職金。実際にもらった私が答えます!
教員の退職金はいくら?

休職したら給料がどうなるかも気になるよね…
教員の休職、給料どうなるの?

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です