通知票は先生の主観?

 

年末になりましたね~。

小中学生は通知票をもらったのかなと思います。

 

通知票で友達と比べて、ショックを受けたり、親に怒られたり、褒められたり。

通知票をもらう時期はこういうやり取りがありますよね。

 

でも、その通知票を見て、

「え?なんでこれ、こんな評価なの?」

「4くらいかなと思ったのに、3だった」

「思ったより、良かった」

「去年の先生はいっぱい○つけてくれたのに、今年はすごい減った」

こんなことを誰でも1回は経験してるはず。

 

なぜそんなこと起きるのか。

通知票ってどんなものなのか。

元中学校の教員が教えますね。

 

通知票の教科の評価の基本はこれで決まる

画像引用:個別指導の星和塾

小学校、中学校の義務教育の場合ですが、まず上の写真のように各教科の評価があります

中学校の場合は国語以外は4項目の評価で

  • 関心意欲態度
  • 思考判断
  • 技能
  • 知識理解

という感じです。

 

中学校はA.B.Cで評価されその組み合わせで1~5の数字がつきます

小学校は、よくできた、できた、もう少しの3段階のみで数字の評価はないところが多いでしょうか

 

元中学校教員なので、中学校の話が主になりますが、

何でこの項目の評価しているかというと、

  • テスト
  • 小テスト
  • 提出物
  • 授業態度
  • 発言

などです。

 

それぞれの項目が何で評価されているかというと

  • 関心意欲態度…授業態度、発言、提出物など
  • 思考判断…小テスト、テスト、提出物
  • 技能…小テスト、テスト
  • 知識理解…小テスト、テスト

これはあくまで一例であり、教科によっても、担当の先生によっても異なります。

 

どんな風に何を評価しているかは、事前に学校から生徒・保護者に向けて教科ごとに「通知票はこんな風にこんな配分でつけていますよ」というお知らせが事前にいっているはずです。

 

意外と左右するのは先生のさじ加減

通知表の左側に関しては、上記の通りです。

しかし、

「4くらいかなと思ったのに、3だった」

「思ったより、良かった」

こんなことがあるのは事実。

これにはいろんな理由があります。

 

①絶対評価なのに、相対評価で評価されている

絶対評価とは、周りと比べることとなく、ありのままに評価することで、成績が5の人数が極端に多くても、何も問題はないということです。正確には「目標に準拠した評価」といいます。

相対評価とは、集団の中での成績の割合が決まっており、3の人数が1番多くなるように分布させます。つまり、この数字の都合で成績が3→2になることもあります。

指導要録の改訂 と 学習評価の変遷 – 文部科学省より平成22年から絶対評価のみになりました。

 

しかし、相対評価の文化が残っているのが現状なんですよね。

みほ
言ってることとやってることちゃうやん。

 

②担当の先生との相性

画像引用:EDUPEDIA(エデュペディア)

実は今回1番言いたい裏情報。

  • 通知票の評価の関心・意欲・態度
  • 通知表の右上の行動の記録
  • 担任の所見

は、先生の主観が大きいです。

 

もちろんきちんと記録している先生もいますが、ここだけの話、

「うっわ、これ、めっちゃ好き嫌い出てるやん」

と言うことが、クラスの生徒の分の通知票をチェックすると、分かります。

 

だいたいこういうのはクレーム来ますね。

きちんと記録残している先生は冷静に説明できますし、納得します。

でも、好き嫌いですると、火に油ですね。

 

実は実際のところ、行動の記録は先生の立場からもつけるの難しいんです。

「何をどう見たらいいのか…」という教員からもよくわからない項目もあります。

「これいつからこの文言なんだろう」と。

結局、項目じゃなくて、○の数しか見てないとか多いかもしれないです。

 

所見は、生徒からしたら、周りと比べて、文字数が少ないとちょっと凹むのかな?

文字数はだいたい統一しています。

 

通知票はあくまで先生の主観、悪くても落ち込むな

今日の記事で1番言いたいのは、通知票なんて、たった1人の先生の評価でしかないこと。

「自分もこれは確かにダメだったな」っていうものがあるのならいいですが、結構先生との相性で評価されている部分もあるわけです。

相性だけでなく、先生も100人以上の細かいところまで評価するのも難しいんです。

先生はロボットではないので、正しく評価なんてできません。

というか、何が正しいとかないと私は思います

通知票の数字が1ばっかりだったから、もう少しばっかりだったからってダメ人間ではないし、○の数が少ないからって不良なわけでもないし、あくまで学校教育のものさし、たった1人の先生のものさしです

だから、通知票で一喜一憂しなくていいです。

 

「先生はこんな風に私のことを評価してるんだな、へぇ~。それも1つの意見として、今後何がんばろっかな?」くらい楽にいきましょう!

 

 

あわせて読みたい

*学校教育に従順だと個性なくなるよ
学校教育は個性の芽を潰す

*不登校経験あるほっしーさんは勉強は大事と言ってる
子どもの不登校もっと認めてもいいんじゃないの?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です