うつはここから始まった。プレッシャーからの不眠

 

 

こんにちは、みほ@miho1araです^ – ^

 

公立中学校の保健体育の先生を8年やっていましたが、

パニック障害、うつ、双極性障害になったので、

この記事を書いている現在、休職しております。

 

今日は私が休職(病休)になった理由を書こうと思います。

 

 

大学を卒業し、関東で中学校教員4年、地元に帰ってきて中学校教員4年目の

2016年の11月から、人生初めて病休を取ることになりました。

 

この年は中3担任、部活動主顧問、生徒会主顧問、免許外教科指導(家庭科!)などが

主な仕事だったのですが、

 

特にプレッシャーだったのは中3担任。

 

初めての中3担任ですが、一緒にやってきた心強い人たちが次々と異動。

 

心の支えを正直失っていましたが、1年の時から見ているという愛情があり、

みほ
いい卒業式を迎えるぞー!

と意気込んでいました。

 

そして3年生なので、「最後いい姿を後輩に見せてあげたい」

特に9月はじめの運動会、10月末の合唱コンクールは、今まで以上に頑張らなければいけないと思いました。

 

ただ、最上級生の担任というポジションが私を苦しめました。

 

8月下旬から運動会のリーダーたちが練習をし始めるんですが

その頃から急に夜中に目が覚めて眠れなくなりました

 

いつもなら眠れない日があっても、数日間でおさまりますが、この時はおさまりませんでした。

 

毎日3時半ごろに目覚めて、それから眠れない

そして、日に日に目覚める時間が早くなる。

 

@masao_hamidashi ‏に相談しましたが、夫はどちらかというと夜型人間、「動画見て気づいたら朝だったー」ってな経験もあるそうで

 

夫まさお
そんな時もあるって^ ^気にすると余計寝れなくなるし、気にしないのがいいよ

 

と、私も「その通りだなー」と思うけれども、

「いつもと違うんだよー」ということが伝わらず、全然心配してくれませんでした。

 

そして9月に入り、運動会練習が本格的に始まる。

 

1日外にいて、疲れているはずなのに、夜、目が覚める。

 

日中は睡眠不足で、後頭部に違和感を感じる。

 

子供達にアドバイスしなきゃいけないのに、全然考えられない。

 

自分に鞭打って、運動会まで迎えるが

頭が働かないので、感情も湧かなくなってきた

 

よく泣く私が、3年間見てきた子供達の最後の運動会に、なぜか感動できなかった。

 

そして、なんとかまず一つの関門、運動会が終わったので眠れるかなーと思ったけど、

プレッシャーのかかる運動会が終わってもぐっすり眠れる日はなかった

毎日、夜中目が覚めた。

 

続きはこちら↓

うつへようこそ。自分が自分じゃない感覚

2017.03.02

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です