緊張の糸が切れて、涙が止まらない

 

こんにちは、みほ@miho1araです。

 

公立中学校の保健体育の先生を8年やっていましたが、

パニック障害、うつ、双極性障害になったので、

この記事を書いている現在、休職しております。

 

2014年7月、まずPTSDと診断名がくだる。

しかし、このプール事件からPTSDの診断だけが今のパニック障害の原因ではない

今日は他の原因のお話をしようと思います。

 

パニック障害は疲れているときに起こりやすい。

私の日々の疲れについて今日はお話しします。

 

えっ、これかなり大変なポジションでは?

実はこの1年、1年生の担任となり、私はこの学年の生徒指導であった。

私の学年には初任者も複数おり、学校全体の大事な主任の先生がいたため、私が結構学年の重たい仕事をしなければならなかった。

そして、

みほ
自分が頑張らねば!

と意気込んでいた。

けど、私はきつく言ったりするの得意じゃないし、問題が起きても、どう解決に持っていけばわからないことが本当に多かった。

 

自分のクラスで起こったこと

特に自分が担任していたAくん。

この時は自分の感情をコントロールすることができなくて、自分の納得いかないことがあると、周りに危害を与えるくらい暴れる。

 

2014年11月末。事件は起こった。

私が原因でAくんが暴れた。

そこらへんにあるプリントなどをぐちゃぐちゃにして、床にばらまく。

 

私が散らかる教室を掃除していると、涙が出てきた。

教室で泣いたのは初めて。

 

何か緊張の糸がぷつんと切れた

今まで人前では泣くのを我慢していたが、

びっくりすることにこの時は何十分も涙が止まらなかった。

 

人に見られたくなかったから、校舎の裏に行っておさまるまで隠れて泣く。

でも、止まらない。

 

4月から自分なりに頑張ってきた。

でも、うまく指導できない。

でもやるしかない。

 

今まで我慢してきた分が、溢れてきた感じ。

 

放課後、職員会議があったが、出ずに早退した。

次の日、いつもの時間に起床したが

学校へ行きたくなかった。

 

初めて、行きたくなくて仕事を休んだ。

 

続く・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です