仕事を休んでしまったその後

こんにちは、みほです( ^∀^)

今日は久しぶりに雪が降っています。

さて、今日は

仕事を休んでしまって、そのあとどうなったかを

つらつら書いていこうと思います。

中3担任、体育科、生徒会担当として

勝手にプレッシャーを抱え込み、運動会を控え、

8月下旬から夜中に目が覚めるようになってしまった。

眠れないから、頭が働かない。

そんな日々をなんとか乗り越えたが、

運動会が終わっても、夜中に目が覚める日が続く。

(詳しくは前の記事「私が休職になった理由①」を見てください^ – ^)

そして、文化祭、合唱コンクール。

ますます大きな負担で眠れない日が

これで約1ヶ月になり、

心療内科に行くことを決意した。

(詳しくは前の記事「私が休職になった理由②」を見てください^ – ^)

初めての心療内科では

いろんなことを聞かれました。

そして、薬をもらい、

薬をもらいながら働くこととなりました。

(詳しくは前の記事「私が休職になった理由③」を見てください^ – ^)

4月からのルーティンが崩れ始め、

合唱コンクールのプレッシャーがピークに達し、

急に起き上がれなくなり休むことになった。

詳しくは前の記事「私が休職になった理由④」を見てください^ – ^)

自分で電話してその日休むことにして

気が抜けて、とりあえずお昼まで寝た。

旦那は仕事に行った。

そのあと、ずっと布団の中にいるのはダメだなぁと思ったので

リビングに行く。

でも、何もやる気がないので、

こたつに入ってテレビを見る。

「こんなにゆっくりテレビ見たのいつぶりだろー」

そのままテレビ見たり、こたつで寝たりで1日が終わる。

土日もこたつとテレビで終わる。

全然退屈じゃなかった。

月曜日の朝、

やっぱり学校に行く気になれなかった。

自分で体調不良で休みますと電話した。

そのまま寝ていると旦那が

「俺も休むわ」

と。

「職場に状況を電話したら、1週間くるな。

奥さんのそばにいてやらないとダメだって言われた」

旦那の職場の上司は昔、娘さんがそんな状態になったことあるらしく

とても理解があった。

旦那とぼーっと過ごす。こたつ、テレビ。

すると旦那の携帯が鳴る。

うちの校長だ。

うちの校長、呑むのが大好きで

結婚を機に私と旦那と校長とで1回呑んだことがあるのだ笑

電話の内容は

「今後のことも含め、学校じゃない喫茶店かどこかで話そう」

とのこと。

旦那に連れられ、夕方恐る恐る喫茶店へ行く。

校長はこっちに気を遣ってくれて、話しやすかった。

眠れなかったことや病院に通っていることなどを話して

すごく心配してくれた。

校長は私が精神的にきていることを察してくれて

「毎朝、休む連絡するのは辛いだろうから

11月いっぱい年休使って休んだらどうか、

もちろん合唱コンクールもあるし、見たかったらおいで」

と提案してくれた。

すごくありがたかった。

自分もなんとなく11月いっぱい休めば元気が出そうな気がしていた。

すると校長が自分自身も自分の息子も

精神的に辛くなったことがあったんだと話してくれた。

旦那の上司といい、うちの校長といい

みんないろんな経験してるんだなぁって思った。

そして、校長から違う病院も紹介してもらって

後日行くことに決めた。

校長と話したことでなんかスッキリした。

なんか学校に行ける気がしてきた。

「合唱コンクール、今週の水曜だなぁ。見たいなぁ。

そのためには明日(火曜日)は行ってみようかな」

職場の人からも「大丈夫?」とメールが来る。

「明日(火曜日)は行きます」

「待ってます!」

とやりとりする。なんか学校に行ける気がした。

火曜日の朝、やっぱりしんどい。

行けない。

行けるって職場の人に言ったのにできない。罪悪感。

結局休んでしまう。

・・・長くなったので、

また次回書きます。

なんかこの文章、

ダラダラと日をおって書いているので

読んでる人、読みにくいですよね笑

すみません、相変わらず文が下手で。

その辺の教師の備忘録程度です。

でもこうやって書くことで自分自身も

思い出せるのですごく自分にとってはタメになってます笑

こんな文章でも最後まで読んでくれた方、

ありがとうございました( ´ ▽ ` )

休職になった理由や今までの記事が読めます。

→ http://www.miho1ara.com/category/blog/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする