3つだけ!教師として最低限身につけるべき基礎力

 

 

こんにちは、みほ @miho1araです。

 

8年間、公立中学校の教員をしていましたが、

パニック障害、うつ状態、双極性障害により、

休職しています。

 

学校の先生として働いているときは、

余裕もなく、日々やることが山のようにある。

やってもやっても減らないそんな毎日。

一番の本業である授業の準備すらできないこの仕事・・・

 

教師の仕事とは何?

教員は一体どんな力がいるの?

 

今日は教師として最低限身につけておくべき力を5つ紹介します。

 

 

①授業力

 

こんな↓アンケートがあったそうです。

 

Q.どんな先生が好きですか?

 

1位はなんだったと思いますか?

 

おもしろい先生?

休み時間一緒に遊んでくれる先生?

しっかり叱ってくれる先生?

 

 

答えは、

授業が分かりやすい先生

 

だそうです。

 

 

そして、きっとあなたも自分の専門の教科で教員採用試験を受け、

教壇に立っているor立つ予定ですよね。

 

つまり、その教科を教える専門家として、その自治体から採用されています。

授業一番。

 

しかし

恐ろしい現実として、一番大事な業務でありながら、

一番おろそかになりがちなものです。

 

教師の一番の仕事は授業。心得ておきましょう。

 

 

 

②集団を把握する力

①の授業力にも関係するのですが、1対1の教科指導や生徒指導は比較的やりやすいです。

人数が増えるごとに、能力の差や個性が多様になり、難しくなります。

 

この集団をこの方向へ持っていくにはどうしたらいいか。

この集団の場合、どんな指示を出すのがいいか。

集団を扱うのは難しいです。

 

「2:6:2の法則」「2:8の法則」を聞いたことありますか?

 

分かりやすく、「2:6:2の法則」でいうと、

どの集団をとっても、「できる2:普通6:できない2」になるという法則

 

できる上位2割の集団だけ取り出した集団でも、

「できる2:普通6:できない2」が再び出来上がる。

 

この法則の中で大事なのは、大部分を占める普通6割。

 

やり方次第では、できる2にもいくし、できない2にもいく。

どっちにも転がる状態。

 

よくやっちゃうのはできない2にフォーカス当てちゃうこと。

これでは普通6ができない2の方へ傾きます。

 

ベストなやり方は

できない2にはこっそり声をかけ、普通6をできる2に引っ張ること。

 

これが正攻法です。

 

 

 

③臨機応変な場面に対応する力

 

教育現場ではいろーんなイレギュラーが起こります。

職員室
〇〇先生出張!▲▲先生も出張!朝礼誰いく?
職員室
◯◯先生が今日おやすみ!授業どうする?
職員室
うわ!時間割の伝達ミスで、教科書誰も持ってない!
職員室
今日、大雪で給食のパンが届かない!

 

これ全部、実際にあったやつ。笑

許せないものから爆笑してしまうものまでさまざま。

 

学校で予定通り行く時なんてほとんどない。

1日1回イレギュラーが起こるような場所。

 

そんなとき一番やったらダメなのが、怒ること。

先生って基本きっちりした人が多いから、ミス系のものは怒りがち。

でも、人間だもの。ミスも起こります。

 

ことにもよりますが

大したことないのは、ニコニコ笑って、爆笑して乗り越えましょー。

怒りを抑えられない時は、冷静に対処しましょー。

子どもがその反応を見てますよ。

 

 

以上です。

 

まとめです。

 

 

教師が身につけるべき力

①授業力

②集団を把握する力

③臨機応変な場面に対応する力

 

教師の仕事って本当マルチタスクだから、

いろんな能力が必要ですが、

とりあえず、この3つの力を意識すれば大丈夫

 

そして、現場でしか鍛えられないというのが、教師の仕事のミソですな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です